自律神経失調症 関係する病気

自律神経失調症改善ガイドブック

自律神経失調症でお悩みのあなたへ!自律神経失調症の情報サイト

自律神経失調症と関係する病気について

自律神経失調症改善

自律神経失調症とは、交感神経と副交感神経のバランスが崩れることで、無気力状態になってしまったり、体調が悪くなったりと、さまざまな不調が起こることを言います。

自律神経失調症の症状は、めまいや頭痛、イライラや感情の起伏が激しくなるなど、心身ともにさまざまな症状が現われてきます。

自律神経失調症の症状が、体の特定部位に現われてしまう場合には、他の病気と判断されてしまう事も多く、検査をしなければ診断が難しいとされることがあります。

似たような症状が起こる病気は、貧血や糖尿病、ガンなどがあります。ガンの症状はとてもよく似ていることがあり、ガンの種類によっては、うつ状態に陥るということもあるので、自律神経失調症を疑うより前に、ガンがないかどうかを調べるということも大切です。

貧血や糖尿病は疲れやすく、倦怠感などの症状が、自律神経失調症と似ています。のどが乾きやすくなったり、息切れや動機などがある場合には、病気が隠れていることがあるので、診察をきちんと受けて自己判断で済ませないようにしましょう。

他にも心臓神経症、不整脈、気管支喘息、円形脱毛症、更年期障害、じんましん、夜尿症なども自律神経失調症の症状と似ている病気です。

もし、身体の特定部位に症状が現われた場合には、別の病気と診断される場合もあり、自律神経失調症の症状の一部とも考えられることがあるようです。

自律神経失調症改善